月別アーカイブ: 2017年10月

カンジダになる原因

どうしてカンジダになってしまうのか、その原因ですが、カンジダに多い膣カンジダの場合、デーデルライン桿菌が減少し自浄作用が低下してしまうことにあります。

 

デーデルライン桿菌とは、膣内で乳酸菌を作り膣内を酸性にする作用がある菌です。つまり良い作用をしている菌です。

 

デーデルライン桿菌が少なくなってしまうと、今までデーデルライン桿菌によって抑えられていた悪い菌の活動が活発になったり、外部からの菌の侵入を阻止できなくなってしまいます。

 

カンジダの場合もカンジダ菌の勢いが強くなる結果、カンジダを発症してしまいます。

 

妊娠が原因であったり、抗生剤など膣内環境に影響する何らかの薬剤を飲むことでもカンジダを発症することがあります。

 

カンジダ菌は腸にも存在している菌です。トイレの後に拭き方を考えておかないと校門側から膣側へ感染してしまうこともあります。

 

カンジダを発症したら一緒に暮らしている人、家族などに感染しないようタオルを別々にしたりする工夫も必要になります。

 

もし発症してしまったら、以上のことや下着類は通気性の良いものを着用するようにしましょう。

 

また、一般的に陰部のカンジダは女性がなってしまうことが多い感染症ですが、女性だけではなく男性もかかってしまう場合もあります。

 

ただ、男性がカンジダに罹患しても女性より軽く済む場合がほとんどです。これは女性の性器と男性の性器の作りが違うためで、男性の場合は隠れている部分がほとんどないので、軽い皮膚の炎症程度で終わることがほとんどです。

 

軽症だからと軽く考えると大切なパートナーへ移してしまう原因になりますので、罹患している間は性交渉を行わないようにしましょう。

カンジダとは

カンジダはカンジタと呼ばれることもある感染症のひとつです。「カンジダアルビカンス」というカビ(イースト菌)が原因になり人から人へとうつります。

 

もともと体内にカンジダ菌は存在しており、カンジダにも種類がありますが、例えば皮膚のカンジダの場合、何かしらの理由によりカンジダ菌が皮膚に付着して皮膚のカンジダを発症します。

 

皮膚のカンジダは人間の体でも特にじくじくしている外陰部や仙骨の部分などに発症しやすい特徴があります。

 

その他にも口腔内にできる口腔カンジダ症や手の皮膚に感染する手カンジダ症、爪に感染する爪カンジダ症など様々な種類があります。

 

カビが原因になる皮膚の感染症では、白癬菌が原因になる水虫が真っ先に思い浮かびますが、水虫との違いはカンジダの場合は体内にまで菌が及ぶことがあることです。

 

内臓にカンジダ菌が増殖してしまう「全身性カンジダ症」「侵襲性カンジダ症」になると、重篤な症状を起こす可能性があります。

 

あせもなどと自己判断してしまうケースもあり、塗り薬を塗って悪化してしまうという話も珍しくありません。

 

思わぬ結果を招く可能性がありますから、自己判断せずに病院で正しい診断を受けることが大切です。