カンジダとは

カンジダはカンジタと呼ばれることもある感染症のひとつです。「カンジダアルビカンス」というカビ(イースト菌)が原因になり人から人へとうつります。

 

もともと体内にカンジダ菌は存在しており、カンジダにも種類がありますが、例えば皮膚のカンジダの場合、何かしらの理由によりカンジダ菌が皮膚に付着して皮膚のカンジダを発症します。

 

皮膚のカンジダは人間の体でも特にじくじくしている外陰部や仙骨の部分などに発症しやすい特徴があります。

 

その他にも口腔内にできる口腔カンジダ症や手の皮膚に感染する手カンジダ症、爪に感染する爪カンジダ症など様々な種類があります。

 

カビが原因になる皮膚の感染症では、白癬菌が原因になる水虫が真っ先に思い浮かびますが、水虫との違いはカンジダの場合は体内にまで菌が及ぶことがあることです。

 

内臓にカンジダ菌が増殖してしまう「全身性カンジダ症」「侵襲性カンジダ症」になると、重篤な症状を起こす可能性があります。

 

あせもなどと自己判断してしまうケースもあり、塗り薬を塗って悪化してしまうという話も珍しくありません。

 

思わぬ結果を招く可能性がありますから、自己判断せずに病院で正しい診断を受けることが大切です。